Messageメッセージ

「住むほどに発見、暮らすほどに感動。」を叶える家づくり

赤松 丈弘

赤松 丈弘
Takehiro Akamatsu
二級建築士/宅地建物取引士

いい家ってどのような家なのでしょう?これは、人によって求めるものも様々で、10人いれば10通りのいい家があることでしょう。しかし、どのような家を建てようとも共通していい家と言える条件があるはずです。アンカーホームデザインが考えるいい家の条件とは、

・性能を数字で表せる安心な家。
・住み手も、作り手も後悔をしない、させない安全な家。
・友人からうらやましがられる、快適な家。
・健康で、住み始めてから感動が生まれる家。

家は、人の命を守る器であり、快適に住まい続ける器でなければいけないと思っています。このことが、いい家と言える条件なのではないでしょうか。
見た目のデザインも大切ですが、先ずは、家の「性能」について感心を持っていただければ幸いです。アンカーホームデザインは、「住むほどに発見、暮らすほどに感動。」をテーマに、安心・安全・快適・健康な家づくりをご提案いたします。

IDEA

ANCHOR

ANCHOR(アンカー)とは錨(いかり)のこと。
住宅は建物ももちろんですが、その土地をいかに生かすかということも重要です。
あなたが建てられようとしている土地に錨を下ろし、一緒にこれからの生活についてゆっくりじっくり考えたいと思っています。あなたにとって家族にとって「イチバンの暮らし」を生み出せるように。
そしてその下ろした錨からの生まれた小さな波が大きな波となって周りに広がるように。
アンカーホームデザインのスタッフ一丸となって「住むほどに発見、暮らすほどに感動」できる家づくりをご提案します。

STAFF

  • 藤本 洋

    藤本 洋
    Hiroshi Fujimoto

    27歳から宇和島で建築・不動産の仕事に携わり15年。その間、戸建住宅・分譲マンション営業や不動産売買仲介を経験してきました。土地探しや資金計画のことなど、なんでもご相談ください。二級建築士/宅地建物取引士/福祉住環境コーディネーター二級

  • 赤松 日南子

    赤松 日南子
    Hinako Akamatsu

    経理担当をしております。普段はあまりお客様に接することはありませんが、スタッフのサポートしながらお客様の夢を一緒にカタチにできればと思います。